前へ
次へ

接骨院は医療類似行為に該当する

整形外科は、接骨院、整体院とは違い医療行為にあたることができます。
医療行為でなされる治療はお医者さんではない者が行うことは不可能で、お医者さんがする治療行為だとされます。
免許を持っているお医者さんが行うので、範囲に制限が無く、さらには保険の有効活用ができます。
接骨院は、柔道整復師が柔道整復に取り組む所です。
柔道整復師に関しては国家資格者です。
したがって、施術の一部分に関しては保険適用が公認されています。
柔道整復師については、治療範囲に制限があります。
したがって、柔道整復師が可能な施術は国の法律により規制されています。
それに加えて、保険に関しても適用となる施術とされない施術が決定されています。
接骨院がする施術は、医療類似行為ということになります。
それに対し、整体院やカイロプラクティックについてですが、民間運営の資格者が行うものであり、100%民間療法であるので、保険適用はありません。
ですから、気をつけなければなりません。

Page Top