前へ
次へ

接骨院と整体の違いを知っておこう

整体と接骨院はどんな違いがあるのか、きちんと理解をしておく必要があります。
接骨院の先生は、柔道整復師という国家資格を取得しています。
厚生労働省が認可しているので、安全性に優れており、優れた効果が期待出来ます。
整体の治療院では、健康保険は使えませんが、接骨院では保険適用の治療を受けることが出来ます。
医療機器を使った検査や外科手術、投薬などをしないのが特徴です。
初めて治療を希望する場合は、電話やメールで予約を入れておきましょう。
接骨院ではスポーツによる外傷、骨折や捻挫、肉離れなどの治療を行います。
骨つぎとも呼ばれており、大変ポピュラーな治療法です。
整体はハンドや専用器具を使って施術を行いますが、接骨院では専用の器具は使うことはありません。
診察やカウンセリング、問診に時間を掛けてくれるので、まずは相談をしてみると良いでしょう。
痛みや痺れなどのある部位を特定して、体調や年齢に応じた施術を心掛けています。
体に負担が少ないので、中高年以降の人にもお勧めです。

Page Top