前へ
次へ

接骨院と整体の違いを知っておこう

整体と接骨院はどんな違いがあるのか、きちんと理解をしておく必要があります。
接骨院の先生は、柔道整復師

more

接骨院に通うときに気をつけたいこと

接骨院に通いたいと考える人も少なくないでしょう。
接骨院は、医者が行っている病院ではなく、通常は整体師

more

首の寝違いで整骨院を利用する

誰も1度は経験したことがある症状の1つ首の寝違いがあります。
起きた時には既に症状が発症しており、特定

more

接骨院をオープンするときに必要なこと

これから接骨院をオープンしようと考えている場合に必要な事は、まずお金になります。
接骨院は、クリニックなどよりも非常に狭い空間でオープンさせることができるため賃料等はそこまでかかりません。
ワンルームマンション位の広さがあれば、十分に営業することが可能です。
場所にもよりますが、1月当たり50000円から70000円位の賃料を支払うことが必要です。
もちろん初期費用として毎月の賃料の5倍位のお金は用意しておきたいところでしょう。
次に、様々な設備や備品などを手に入れなければいけません。
設備や備品などを手に入れる場合は、中古品で充分です。
ある程度お客さんが来て儲かるようになってからその儲けで新品のものを購入すれば充分でしょう。
最初から贅沢に全て新品で揃えてしまうと、もしお客さんが来なかった場合大打撃となってしまいます。
後は、技術も必要になるでしょう。
資格などは柔道整復師ぐらいは持っておいた方が良いですが、柔道整復師になるためにはそれなりの時間がかかるものです。
ただし、柔道整復師などの資格を所有しない状態で整骨院を行うのは、少し無謀と言えるでしょう。
やはり、最初にお客さんを入れる場合には、ある程度資格などのように世間一般に認知されている信頼できる証を持っておいた方が良いといえます。
もし柔道整復師を取得する場合には、専門学校などに通う必要があるでしょう。
コンサルタントをつける必要があるか問題になりますが、特にコンサルタントは必要ないといえます。
もし経営的にまずい状態が続いた場合にはコンサルタントを使っても良いですが、そうでなければ特に自分の力で集客することも可能です。
後は、チラシをまくことも必要ですが、それと同時にホームページ等を作成しましょう。
最近はチラシを巻いただけではなかなかお客さんが来てくれないため、ホームページを制作することが必要です。
特に50歳以下の人を中心に見ていく場合には、ホームページ経由で来客してくれる人が増えているため、必須のものといえます。

http://www.ikiikiseitai.com/

短期間で治療の効果の出る名東区の接骨院
寝違いや頭痛も1日で改善へと導けますので、ご相談ください。

お身体を根本的に改善できる整骨院
町田市原町田にある加藤整骨院です

練馬にて腰痛などに効果のある整体を受けられるとんとん整骨院
1回でも効果のある治療のため、早く症状が改善します。

ご利用者の個性を尊重した環境づくり
都城のデイサービス昭和クラブは、住む方のことを1番に考えています

Page Top